講師紹介

ホーム > 講師紹介

増田 佳子

担当楽器 ビオラ
経歴 神戸女学院大学音楽学部音楽学科ヴィオラ専攻卒業。3歳よりピアノとクラシックバレエを始め、13歳より声楽をはじめる。小林聖心女子学院オーケストラクラブにて中学一年生よりヴィオラを始める。神戸女学院大学音楽学部オーケストラでは4年間ヴィオラ首席を務める他、在学時より様々なコンサートに出演し、アウトリーチ活動も積極的に行う。

第18回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門 入選。ヴィルフリート・シュトレーレ、百武由紀、ブルーノ・パスキエ、今井信子、小林秀子の各氏によるマスタークラス課程を修了。ディプロマ取得。ドイツ、ミュンヘンにて研鑽を積む。ヴィオラをザザ・ゴグア、百武由紀の各氏に師事。現在、関西を中心に演奏活動と共に後進の指導にあたっている。
所属等 西宮音楽協会会員
ヴィオラ・ピアノ・声楽講師

北口 大輔

担当楽器 チェロ(中級・上級コース)
経歴 東京藝術大学音楽学部、同大学院修士課程修了。チェロを林俊昭、河野文昭の各氏に師事し、またウェン=シン・ヤン、フィリップ・ミュレール、ミーシャ・マイスキー各氏のマスタークラスにて研鑽を積む。

東京都交響楽団チェロ奏者、九州交響楽団首席チェロ奏者を歴任し、2011年より招かれて日本センチュリー交響楽団首席チェロ奏者に就任。また、2013年までは九州交響楽団首席客演チェロ奏者も同時に務めた。
所属等 日本センチュリー交響楽団首席チェロ奏者
大阪音楽大学特任准教授

北口 晋之

担当楽器 チェロ
経歴 大阪音楽大学卒業。チェロを伊達三郎、竹内良治の両氏に師事。1980年ポレンサ国際アカデミーにて室内楽をO・プロコップ氏に師事。
関西フィルハーモニー管弦楽団首席奏者を経て全国各地のオーケストラの客演奏者として活躍。また室内楽や独奏の分野でも活躍。演奏旅行としてドイツ、ウイーン、アメリカ等に遠征。97年にはアカデミー弦楽四重奏団のメンバーとしてヴィクトリア(カナダ)にて演奏。
所属等 武庫川女子大学非常勤講師
和歌山大学管弦楽団トレーナー
関西弦楽コンクール審査員

野田 祐子

担当楽器 チェロ
経歴 京都市立芸術大学音楽学部卒業。小倉良子、上村昇、高田剛志の各氏に師事。2000年より、トリノノエルを結成し、地元姫路を拠点に病院、学校などでコンサートを行っている。

高橋 乗子

担当楽器 チェロ
経歴 兵庫県立西宮高校音楽科卒業。愛知県立芸術大学卒業。同大大学大学院修了。上塚憲一、天野武子、L・カンタ、林俊昭の各氏に師事。現在、室内楽を中心にフリー奏者として活動。