バイオリンの販売・修理 アルチザンハウス

背景画像
見出し背景画像

講師紹介

TOP > 講師紹介

東京教室

名誉講師 梯 孝則(かけはし たかのり)ビオラ

名誉講師 梯 孝則(かけはし たかのり)ビオラ

1943年福岡県久留米市生まれ。1968年、国立音楽大学器楽科卒業。同年東京都交響楽団に入団。1976年、NHK交響楽団に入団。

2003年NHK交響楽団を定年退職した後も、「古典音楽協会」と「アカンサスⅡ」と「N響団友オーケストラ」のメンバーとして、主に室内楽奏者として活動している。国際的に活躍するピアニスト、梯剛之氏はご子息。

 

※梯先生は、2002年~2012年の10年間講師としてお越し頂いておりました。

現在は、名誉講師となりレッスンはお受けしておりません。

名誉講師 望月邦子(もちづきくにこ) バイオリン

名誉講師 望月邦子(もちづきくにこ) バイオリン

東京藝術大学卒業。

目黒区民交響楽団(https://sites.google.com/site/megurophil/)に入団し、コンサートミストレスに就任。

目黒区民交響楽団コンサートミストレスを退任後、

現在、室内楽を中心に演奏活動を行う傍ら、 中心に後進の指導を行っている。

 

※現在は、名誉講師となり新規のレッスンはお受けしておりません。

 

 

上ノ山美香(うえのやまみか)バイオリン&ビオラ

上ノ山美香(うえのやまみか)バイオリン&ビオラ

桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科終了。 第49回全日本学生音楽コンクール東日本大会入選。 ボードウィンサマーミュージックフェスティバルにおいて、ファイナルコンサートに出演。 NHK大河ドラマ「北条時宗」でBGM演奏。 Duo「Demi-Sec」で、ファーストアルバムFrom Dramaticをリリース。 これまでにヴァイオリンを、尾花輝代充、小林健次、恵藤久美子、イヴリー・ギトリスの各氏に師事。 室内楽を、毛利伯郎、ゴールドベルク山根美代子の各氏に師事。 東京バッハカンタータアンサンブルメンバー。

大谷朋美(おおたにともみ) バイオリン

大谷朋美(おおたにともみ) バイオリン

兵庫県立西宮高校音楽科卒業。桐朋学園大学音楽学部演奏学科ヴァイオリン専攻卒業後、同大学研究家修了。 第47、48回全日本学生音楽コンクールヴァイオリン部門大阪大会高校の部入賞、日本クラシック音楽コンクール西日本弦楽器部門高校の部奨励賞。 第2回姫路パルナソス音楽祭オーディション合格、選抜コンサートに出演。 兵庫県新人演奏会、西宮市推薦音楽会フレッシュコンサートに大学より推薦され出演する。 これまでにヴァイオリンを森田玲子、東儀幸、田村千恵子、石井志都子、H・カヤレーの各氏に、室内楽を音川健二、久保良治、和波孝嬉、京都フランスアカデミーにてJ•プリュデルマシェール、C•イヴァルディ氏に師事。ソロをはじめ、室内楽、オーケストラのほか各種アーティストのバックサポートでTV、ライブに出演、その他レコーディングなどに参加している。アンサンブルイリスのメンバーとして活動中。

南場朗子(なんばあきこ) バイオリン&ビオラ

南場朗子(なんばあきこ) バイオリン&ビオラ

東京音楽大学卒業。同大学オーケストラ研究員修了。 現在、室内楽を中心に演奏活動を行う傍ら、 アマチュアオケーストラを中心に後進の指導を行っている。

本多菜穂子(ほんだなほこ)バイオリン

本多菜穂子(ほんだなほこ)バイオリン

洗足学園音楽大学卒業。大学附属音楽教室、洗足学園中学高等学校音楽授業、明星学苑ジュニアオーケストラ、アルエム弦楽合奏団で指導を行う。 アルエム弦楽四重奏団等で演奏活動も行っている。日本弦楽指導者協会正会員。

﨑野敏明(さきの としあき) チェロ

﨑野敏明(さきの としあき) チェロ

東京藝術大学及び同大学院卒業。 松村富美子、黒沼敏夫、堀江泰氏、三木敬之、ヘルツァー、B,グメリン、毛利伯郎の各氏に師事。 各地でリサイタルをまたオーケストラ,室内合奏団との共演.NHKのFMリサイタル放送録音,レコード録音などの他,室内楽奏者として ソノーレ弦楽四重奏団,アルコ弦楽四重奏団,ロス・ソリスタス・トーキョーの主席チェリストとして活躍。 東京室内管弦楽団所属。聖徳大学音楽部講師を務める。

武井 英哉(たけい ひでや)チェロ

武井 英哉(たけい ひでや)チェロ

7歳より才能教育でチェロを始める。桐朋学園大学音楽学部を経て、同大学研究科を修了。第59回桐朋学園室内楽演奏会に出演。サイトウキネン室内楽勉強会で堤剛、ロバート・マン教授らから受講。第2回アルゲリッチ音楽祭に桐朋学園オーケストラ首席奏者として同行。在学中、長野アスペン音楽祭で奨励賞を受賞し米国アスペン音楽祭に派遣される。1998年ヴィンシャーマン率いるドイツ・バッハ・ゾリステン日本公演に同行。2000年諏訪交響楽団とエルガーのチェロコンツェルトを演奏。2002年長岡京室内アンサンブルに参加。2005年ヴィルトゥオーゾ若い芽のコンサートと題してチェロリサイタルを埼玉県にて開催し好評を博す。同年京都フランスアカデミーに参加しバロック奏法をアレット・ズヴェストラ氏に師事。2008年福岡シンフォニーホールでブルッフ作曲チェロと管弦楽のためのコルニドライを独奏。チェロを故青木十良氏に師事。アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ、長岡京室内アンサンブル、諏訪クァルテットメンバー。現在フリーの奏者としてオーケストラ、室内楽などで活動。

藤沢俊樹(ふじさわとしき)チェロ

藤沢俊樹(ふじさわとしき)チェロ

9歳より、故青木十郎氏の下でチェロを始め、東京藝術大学付属高校を経て東京芸術大学音楽学部に入学。
同大学を中退し、読売日本交響楽団に入団、ヨーロッパ公演に参加。
読響退団後はフリーのチェリストとして国内各地のホールでの演奏活動、レコーディング、映画音楽、ステージなどで活躍。
古典音楽協会合奏団、東京ゾリステン、東京バロックアンサンブル、日本室内楽アカデミー等に在籍。
現在は、フリーのチェリストとして活躍する傍ら後進の指導にあたっている。
「ソティエ(青森県・弘前)」、「東京女子学院」特任講師。