バイオリンの販売・修理 アルチザンハウス

背景画像
見出し背景画像

講師紹介

TOP > 講師紹介

ALL

名誉講師 梯 孝則(かけはし たかのり)ビオラ

名誉講師 梯 孝則(かけはし たかのり)ビオラ

1943年福岡県久留米市生まれ。1968年、国立音楽大学器楽科卒業。同年東京都交響楽団に入団。1976年、NHK交響楽団に入団。

2003年NHK交響楽団を定年退職した後も、「古典音楽協会」と「アカンサスⅡ」と「N響団友オーケストラ」のメンバーとして、主に室内楽奏者として活動している。国際的に活躍するピアニスト、梯剛之氏はご子息。

 

※梯先生は、2002年~2015年の13年間、講師としてお越し頂いておりました。

現在は、名誉講師となりレッスンはお受けしておりません。

名誉講師 望月 邦子(もちづき くにこ) バイオリン

名誉講師 望月 邦子(もちづき くにこ) バイオリン

東京藝術大学卒業。

目黒区民交響楽団(https://sites.google.com/site/megurophil/)に入団し、コンサートミストレスに就任。

目黒区民交響楽団コンサートミストレスを退任後、

現在、室内楽を中心に演奏活動を行う傍ら、 後進の指導を行っている。

 

※現在は、名誉講師となり新規のレッスンはお受けしておりません。

 

 

名誉講師 藤沢 俊樹(ふじさわ としき)チェロ

名誉講師 藤沢 俊樹(ふじさわ としき)チェロ

9歳より、故青木十郎氏の下でチェロを始め、東京藝術大学付属高校を経て東京芸術大学音楽学部に入学。
同大学を中退し、読売日本交響楽団に入団、ヨーロッパ公演に参加。
読響退団後はフリーのチェリストとして国内各地のホールでの演奏活動、レコーディング、映画音楽、ステージなどで活躍。
古典音楽協会合奏団、東京ゾリステン、東京バロックアンサンブル、日本室内楽アカデミー等に在籍。
現在は、フリーのチェリストとして活躍する傍ら後進の指導にあたっている。
「ソティエ(青森県・弘前)」、「東京女子学院」特任講師。

 

※現在は、名誉講師となり新規のレッスンはお受けしておりません。

名誉講師  上ノ山 美香(うえのや まみか)バイオリン&ビオラ

名誉講師 上ノ山 美香(うえのや まみか)バイオリン&ビオラ

桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科終了。 第49回全日本学生音楽コンクール東日本大会入選。 ボードウィンサマーミュージックフェスティバルにおいて、ファイナルコンサートに出演。 NHK大河ドラマ「北条時宗」でBGM演奏。 Duo「Demi-Sec」で、ファーストアルバムFrom Dramaticをリリース。 これまでにヴァイオリンを、尾花輝代充、小林健次、恵藤久美子、イヴリー・ギトリスの各氏に師事。 室内楽を、毛利伯郎、ゴールドベルク山根美代子の各氏に師事。 東京バッハカンタータアンサンブルメンバー。

※現在は、名誉講師となり新規のレッスンはお受けしておりません。

大谷 朋美(おおたに ともみ) バイオリン

大谷 朋美(おおたに ともみ) バイオリン

兵庫県立西宮高校音楽科卒業。桐朋学園大学音楽学部演奏学科ヴァイオリン専攻卒業後、同大学研究科修了。 第47、48回全日本学生音楽コンクールヴァイオリン部門大阪大会高校の部入賞、日本クラシック音楽コンクール西日本弦楽器部門高校の部奨励賞。 第2回姫路パルナソス音楽祭オーディション合格、選抜コンサートに出演。 兵庫県新人演奏会、西宮市推薦音楽会フレッシュコンサートに大学より推薦され出演する。 これまでにヴァイオリンを森田玲子、東儀幸、田村千恵子、石井志都子、H・カヤレーの各氏に、室内楽を音川健二、久保良治、和波孝嬉、京都フランスアカデミーにてJ•プリュデルマシェール、C•イヴァルディ氏に師事。ソロをはじめ、室内楽、オーケストラのほか各種アーティストのバックサポートでTV、ライブに出演、その他レコーディングなどに参加している。アンサンブルイリスのメンバーとして活動中。

竹林 真弓(たけばやし まゆみ)バイオリン&ビオラ

竹林 真弓(たけばやし まゆみ)バイオリン&ビオラ

5歳よりヴァイオリンをはじめる。
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部を卒業。
第3回全日本ソリストコンテストにて奨励賞受賞。
1996年モーツァルト・アンサンブル・オーケストラ特別演奏会にてモーツァルトの協奏曲を共演。
2013年諏訪クァルテット結成。北欧音楽祭すわに出演。
これまでにヴァイオリンを西川重三、大谷康子、浅井千裕、山口裕之の各氏に師事。
現在、室内楽奏者、オーケストラの客演奏者、客演首席奏者として演奏活動を行うほか、
埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科講師を7年間つとめるなど、後進の指導にも力を注いでいる。
アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ、諏訪クァルテット、メンバー。

福田 ひろみ(ふくだ ひろみ) バイオリン

福田 ひろみ(ふくだ ひろみ) バイオリン

第85回日本音楽コンクール第3位入賞。

東京音楽大学及び大学院修士課程を全額免除特別特待奨学生として在学及び、首席で卒業。これまで広上淳一、現田茂夫、田中裕子氏及び日本フィルハーモニー交響楽団等と共演。

全日本学生音楽コンクール大阪大会第1位、ABC新人オーディションに最年少で合格。

またIMA音楽賞、松方ホール音楽奨励賞を受賞するなど多数のコンクールや賞を受賞

宮崎国際音楽祭、東京春音楽祭に出演している。

2018年 NHK-FM リサイタルノヴァに出演。

これまでアナ・チュマチェンコ、マキシム・ヴェンゲーロフ氏等のマスタークラスにて研鑽を積む。ラフォルジュルネオジャポン音楽祭をはじめとして日本各地にてリサイタルを行う。2015年度青山音楽財団奨学生。

室内楽ではJTが育てるアンサンブルシリーズやプロジェクトQに出演。原田幸一郎、漆原朝子、小栗まち絵の各氏に師事。

現在、東京音楽大学指揮科特別アドヴァイザーとして後進の指導にもあたる。

南場 朗子(なんば あきこ) バイオリン&ビオラ

南場 朗子(なんば あきこ) バイオリン&ビオラ

東京音楽大学卒業。同大学オーケストラ研究員修了。 現在、室内楽を中心に演奏活動を行う傍ら、 アマチュアオケーストラを中心に後進の指導を行っている。

本多 菜穂子(ほんだ なほこ)バイオリン&ビオラ

本多 菜穂子(ほんだ なほこ)バイオリン&ビオラ

洗足学園音楽大学卒業。大学附属音楽教室、洗足学園中学高等学校音楽授業、明星学苑ジュニアオーケストラ、アルエム弦楽合奏団で指導を行う。 アルエム弦楽四重奏団等で演奏活動も行っている。日本弦楽指導者協会正会員。

宮崎 万里(みやざき まり) バイオリン

宮崎 万里(みやざき まり) バイオリン

兵庫県立西宮高校音楽科卒業。桐朋学園大学音楽学部卒業後、同大学研究科修了。日本クラシック音楽コンクール第3位、第3回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第2位。 桐朋学園大学短期大学委託演奏員を経て、2006年よりドイツ・テューリンゲン州アイゼナハ歌劇場オーケストラに入団。同時にディベルティメント弦楽四重奏団のメンバーに就任。その後エアフルト歌劇場オーケストラに移り2009年退団し帰国。これまでにヴァイオリンを田村知恵子、川崎雅夫、江藤アンジェラ、江藤俊哉、レオン・シュピーラーの各氏に、室内楽を和波孝嬉、森悠子、林俊昭の各氏に師事。現在、ソロ、室内楽、各地オーケストラ客演等で活動中。

﨑野 敏明 (さきの としあき) チェロ

﨑野 敏明 (さきの としあき) チェロ

東京藝術大学及び同大学院卒業。 松村富美子、黒沼敏夫、堀江泰氏、三木敬之、ヘルツァー、B,グメリン、毛利伯郎の各氏に師事。 各地でリサイタルをまたオーケストラ,室内合奏団との共演.NHKのFMリサイタル放送録音,レコード録音などの他,室内楽奏者として ソノーレ弦楽四重奏団,アルコ弦楽四重奏団,ロス・ソリスタス・トーキョーの主席チェリストとして活躍。 東京室内管弦楽団所属。聖徳大学音楽部講師を務める。

武井 英哉(たけい ひでや)チェロ

武井 英哉(たけい ひでや)チェロ

7歳より才能教育でチェロを始める。桐朋学園大学音楽学部を経て、同大学研究科を修了。第59回桐朋学園室内楽演奏会に出演。サイトウキネン室内楽勉強会で堤剛、ロバート・マン教授らから受講。第2回アルゲリッチ音楽祭に桐朋学園オーケストラ首席奏者として同行。在学中、長野アスペン音楽祭で奨励賞を受賞し米国アスペン音楽祭に派遣される。1998年ヴィンシャーマン率いるドイツ・バッハ・ゾリステン日本公演に同行。2000年諏訪交響楽団とエルガーのチェロコンツェルトを演奏。2002年長岡京室内アンサンブルに参加。2005年ヴィルトゥオーゾ若い芽のコンサートと題してチェロリサイタルを埼玉県にて開催し好評を博す。同年京都フランスアカデミーに参加しバロック奏法をアレット・ズヴェストラ氏に師事。2008年福岡シンフォニーホールでブルッフ作曲チェロと管弦楽のためのコルニドライを独奏。チェロを故青木十良氏に師事。アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ、長岡京室内アンサンブル、諏訪クァルテットメンバー。現在フリーの奏者としてオーケストラ、室内楽などで活動。

北口 大輔(きたぐち だいすけ)チェロ 特別クラス講師

北口 大輔(きたぐち だいすけ)チェロ 特別クラス講師

東京藝術大学音楽学部、同大学院修士課程修了。チェロを林俊昭、河野文昭の各氏に師事し、またウェン=シン・ヤン、フィリップ・ミュレール、ミーシャ・マイスキー各氏のマスタークラスにて研鑽を積む。

東京都交響楽団チェロ奏者、九州交響楽団首席チェロ奏者を歴任し、2011年より招かれて日本センチュリー交響楽団首席チェロ奏者に就任。また、2013年までは九州交響楽団首席客演チェロ奏者も同時に務めた。

現在、日本センチュリー交響楽団首席チェロ奏者。また大阪音楽大学非常勤講師として後進の指導にもあたっている。

大塚 まゆみ(おおつか まゆみ) バイオリン

大塚 まゆみ(おおつか まゆみ) バイオリン

京都市立芸術大学音楽学部卒業。 卒業後、ドイツ、デュッセルドルフのシューマン音楽院にてシャンドール・ヴェーグ、ミヒャエル・ガイザーに学ぶ。 1980-1983年デュッセルドルフ市立音楽学校のヴァイオリン講師として勤務。

平井 誠(ひらい まこと) バイオリン

平井 誠(ひらい まこと) バイオリン

京都市立芸術大学音楽学部卒業。 ヴァイオリンを故・古武滋野、ヘリービンダー、ゲルハルト・ボッセ各氏に、バロックヴァイオリンをサイモン・スタンデージ氏に師事。 テレマン室内管弦楽団で20年間活動、主要メンバーとして、国内外の演奏会に出演。 現在フリー奏者として神戸を中心にコンサート活動、後進の指導にあたる。

南出 康子(みなみで やすこ) バイオリン

南出 康子(みなみで やすこ) バイオリン

京都市立芸術大学音楽学部卒業。 ヴァイオリンをヘリービンダー女史、室内楽を故・黒岩俊夫氏に師事。 現在フリー奏者としてソロ・室内楽・オーケストラで幅広く意欲的に活動。 タンゴユニット「スールース」室内オーケストラ「シンフォニア・コレギウム・OSAKA」のメンバー。

松本 倫子(まつもと みちこ) バイオリン

松本 倫子(まつもと みちこ) バイオリン

大阪音楽大学短期大学部卒業。 同大学専攻科終了後、日本弦楽指導者協会員となる。 ニューフィルハーモニック大阪のメンバーとして10年間在籍。 田丸尚子、山名公子氏に師事。

2013年よりバイオリンデュオMerrily(メリリー)を結成し兵庫県を拠点に影絵劇団とのコラボレーションや、ホテル、カフェ、老人ホームなどでも勢力的に演奏活動を行っている。

山田 美香(やまだ みか) バイオリン&ビオラ

山田 美香(やまだ みか) バイオリン&ビオラ

兵庫県立西宮高校音楽科を経て、大阪音楽大学音楽学部卒業。 ヴァイオリンを遠藤和、島戸祐子、稲庭達、北浦洋子、ヴィオラを杉山雄一の各氏に師事。

和田 香(わだ かおり) ビオラ

和田 香(わだ かおり) ビオラ

大阪音楽大学ビオラ専攻卒業。 関西室内楽協会のメンバーとして数々の室内楽演奏会に出演。 これまでに数回のジョイントリサイタルを開催。 Bachアカデミー関西のメンバーとして、Bachのカンタータ全曲演奏会にも取り組んでいる。 関西室内楽協会、加古川音楽家協会、各会員。 兵庫県認定音楽療法士補。

北口 晋之(きたぐち のぶゆき) チェロ

北口 晋之(きたぐち のぶゆき) チェロ

大阪音楽大学卒業。 ボレンサ国際アカデミー修了。 各地のオーケストラの客演奏者、室内楽や独奏者として国内外で活動。 NHK大河ドラマのソロ演奏など、TV、ラジオ分野でも活躍。 関西フィルハーモニー管弦楽団首席チェロ奏者を経て、現在、関西アカデミー管弦楽団代表及び首席チェロ奏者。 武庫川女子大学講師。 日本クラシック音楽コンクール等、審査員。

野田 祐子(のだ ゆうこ) チェロ

野田 祐子(のだ ゆうこ) チェロ

京都市立芸術大学音楽学部卒業。 小倉良子、上村昇、高田剛志の各氏に師事。 2000年より、トリノノエルを結成し、地元姫路を拠点に病院、学校などでコンサートを行っている。

高橋 乗子(たかはし のりこ) チェロ

高橋 乗子(たかはし のりこ) チェロ

兵庫県立西宮高校音楽科卒業。 愛知県立芸術大学卒業。 同大大学大学院修了。 上塚憲一、天野武子、L・カンタ、林俊昭の各氏に師事。 現在、室内楽を中心にフリー奏者として活動。

森本 耕太朗(もりもと こうたろう) チェロ

森本 耕太朗(もりもと こうたろう) チェロ

兵庫県神戸市出身。 10歳よりチェロを始める。 国立音楽大学付属高校在学時、同校オーケストラとボッケリーニのチェロ協奏曲を協演、桐朋学園大学ディプロマコースで学ぶ。 桐朋学園大学チェロアンサンブルの一員としてワールドチェロコングレスinボルチィモアに参加、ベルギー王立ブルッセル音楽院、にて研鑽を積む。 オーケストラモネ、オペラワロニー、フィルハーモニックリエージュの演奏会に出演。 べルギー王立リエージュ音楽院にて演奏員を務める。 これまでにチェロを上塚憲一、小野崎純、毛利伯郎、マリー・アランク、ユスティス・グリムに師事、室内楽を藤井一興、加藤知子、ポール・カッツに師事。

島田 瑠萌(しまだ るも) チェロ

島田 瑠萌(しまだ るも) チェロ

5歳よりチェロを始める。

ポッパーチェロコンクールにて、大学生の部銅賞受賞。第8回全日本芸術コンクールにて、チェロ部門関西大会、全国大会 共に最高位受賞。
堤剛、秋津智承、倉田澄子、クリストフ・ヘンケル、山崎伸子、ヴォルフガング・ベッチャー各氏の公開レッスンを受講。
北口大輔、斎藤建寛、林裕各氏に師事。
相愛大学音楽学部卒業。卒業時に選抜され、いずみホール卒業演奏会に出演。
斎藤秀雄奨学生。
ソロの他にもプロオーケストラへの客演や、室内楽にも意欲的に取り組んでいる。
田中 寿代(たなか ひさよ) コントラバス

田中 寿代(たなか ひさよ) コントラバス

県立西宮高校音楽科・東京芸術大学卒業、同大学院終了。 大学院在学中より日本テレマン協会のコントラバス奏者として参加。 「表情豊かで音楽性あふれる演奏」と評されるソロをはじめオーケストラ、室内楽、古楽器演奏など多方面に活動を展開。 コントラバスを永島義男、南出信一、室内楽をサイモン・スタンデージ氏に師事。